真鶴半島を望む湯河原と東京・代々木を拠点に活動する紙やまさみのヨーガ教室です。指導実績は30年以上。アシュタンガやハタヨーガ、シヴァナンダ、プラーナヤーマ(呼吸法)、瞑想法のほか、クンダリーニなどの奥義を組み合わせて効果を最大限に引き出します。湯河原スタジオ(ヒーリングセンター:さゆらばな)は相模湾を望む自然豊かな高台にあり、東京都内や横浜、鎌倉などから通われている人も多くいらっしゃいます。アットホームな雰囲気の中、心と体の状態に合わせてマンツーマンで指導しますので、初心者の方からプロフェッショナルを目指す方まで、気軽にいらしてください。キッズヨーガやワンデイワークショップ、1泊2日のリトリートコースもあります。

アグニ(炎)の力が心を解き放つ「火の儀式ハヴァン(Havan)」

心身のくぐもりをスッキリさせたい・更なる人生の進展、活躍を望む方へ

私達が生まれた瞬間に持っていた、何ものにもとらわれない純粋で美しいエネルギーに満ちた命の輝きを、炎の力がもう一度呼び覚ましてくれます。
インドでは古代より、より良き人生を切り開くために行われてきた、数千年の歴史を持つヴェーダの火の儀式です。
薪にギーをかけ、香草をくべながら特別のマントラを唱えるもので、心身の浄化、環境の浄化、発展・好転の大きな力となってきました。
シャンティパットでは、BSY(ビハールスクールオブヨーガ)直伝の伝統的な方法で、定期的に行います。
心の中に溜まった迷いや悩み、不満や怒りなど、あらゆる不純物を聖なる火で焼きつくします。あなたの中のブロックが取り除かれることで、ポジティブなエネルギーがどんどん流れ込み、晴れやかで疲れ知らずのあなたへと生まれ変わります。
アグニとマントラの波動が生み出す浄化と癒しのエネルギーを一人でも多くの方に体験して頂き、幸せな人生のための一助になればと願っております。
シャンティパットでは、キールタン(インド式讃美歌)を歌いリラクゼーションと自己解放の時間を持ち集中力を高めてから、ハヴァンに臨みます。キールタンとハヴァンのスペシャルプログラムで最大の効果を引き出します。
次 回 開 催  5月28日【10:15 - 13:00】
場   所  さゆらばな ガーデン特設スペース  *敷物をお持ちください
参 加 費  一般(ヨーガ未経験者可)5,000円 / メンバー3,000円

日本の風習からの学び

★季節の変わり目には、日本の伝統文化でエネルギー・チャージ!
mochi.jpgShanti Path(シャンティパット)では、日本の伝統行事を大切にしています。

私、紙やまさみが世界を訪れた中で、さらに日本の伝統文化を継承していきたいという願いを強く抱き、季節ごとの日本行事を取り入れているのです。

夏至には、「夏越の祓(なごしのはらえ)」、冬至には「師走の祓(しわすのはらえ)」としてエネルギーのリセットを行い、節分の豆まきや餅つきなど日本人ならではの行事をメンバーとシェアしています。

★アース・ヒーリング
ヨーガを学ぶために訪れたインドの“シヴァナンダ・アシュラム”やカリフォルニアで出会ったネイティブアメリカンの人たちが行っていたアース・ヒーリング。人種の違う各国の人たちが、地球全体を癒すために心から祈りを捧げている姿に感銘を受け、日本でも実施しようと心に決めました。それから16年間、アース・ヒーリングを日本の技法に置き換え、神道の先生と一緒に行なってきました。17年目からは、メンバーと一緒に行い、今年で5回目を迎えます(2012年現在)。

★神社参拝
新年には、メンバーと共に真鶴の貴船神社に初詣に行きます。節分前には、メンバー有志と神道の先生と伊勢神宮参拝をして心身のエネルギーをリチャージ。日本文化を学ぶために神道の勉強をしています。

★「古事記」の音読
日本の神々が多く登場する「古事記」。太陽神として例えられる“アマテラスオオカミ”。“スサノオノミコト”など日本の代表的な神々が登場する物語です。レッスンでは、この古事記の音読をすることもあります。インドでは、神さまの名前を詩にして伴奏と共に歌うsuika.jpg“キルタン”というものがあります。神さまの名前を口に出すことでエネルギーが高められると考えられているのです。それと同様に、「古事記」を音読することで、日本語の持つ音のエネルギーを体に吸収するのです。日本文化の継承の意味も込め、私たち日本人がより日本人らしく生きていける智恵を日々探求し、レッスンに取り入れています。

★子どもたちと楽しく日本文化を学ぶ
soumen.jpg季節ごとに日本の伝統行事を開催しています。
年末のお餅つきでは、手ぬぐい、半纏、わらじまで昔ながらのスタイルで表現。
臼と杵を使って本格的な“お餅つき大会”を行っています。
夏には、スイカ割り・かき氷・流しそうめんなど盛りだくさんです。

「正しい日本の伝統文化をメンバーの子どもたちにも伝えていきたい」
その思いで、楽しいイベントをたくさん企画しています。
posted by Shanti Path at 00:17 | 日本の風習からの学び
fotter1.jpg