真鶴半島を望む湯河原と東京・代々木を拠点に活動する紙やまさみのヨーガ教室です。指導実績は30年以上。アシュタンガやハタヨーガ、シヴァナンダ、プラーナヤーマ(呼吸法)、瞑想法のほか、クンダリーニなどの奥義を組み合わせて効果を最大限に引き出します。湯河原スタジオ(ヒーリングセンター:さゆらばな)は相模湾を望む自然豊かな高台にあり、東京都内や横浜、鎌倉などから通われている人も多くいらっしゃいます。アットホームな雰囲気の中、心と体の状態に合わせてマンツーマンで指導しますので、初心者の方からプロフェッショナルを目指す方まで、気軽にいらしてください。キッズヨーガやワンデイワークショップ、1泊2日のリトリートコースもあります。

アグニ(炎)の力が心を解き放つ「火の儀式ハヴァン(Havan)」

心身のくぐもりをスッキリさせたい・更なる人生の進展、活躍を望む方へ

私達が生まれた瞬間に持っていた、何ものにもとらわれない純粋で美しいエネルギーに満ちた命の輝きを、炎の力がもう一度呼び覚ましてくれます。
インドでは古代より、より良き人生を切り開くために行われてきた、数千年の歴史を持つヴェーダの火の儀式です。
薪にギーをかけ、香草をくべながら特別のマントラを唱えるもので、心身の浄化、環境の浄化、発展・好転の大きな力となってきました。
シャンティパットでは、BSY(ビハールスクールオブヨーガ)直伝の伝統的な方法で、定期的に行います。
心の中に溜まった迷いや悩み、不満や怒りなど、あらゆる不純物を聖なる火で焼きつくします。あなたの中のブロックが取り除かれることで、ポジティブなエネルギーがどんどん流れ込み、晴れやかで疲れ知らずのあなたへと生まれ変わります。
アグニとマントラの波動が生み出す浄化と癒しのエネルギーを一人でも多くの方に体験して頂き、幸せな人生のための一助になればと願っております。
シャンティパットでは、キールタン(インド式讃美歌)を歌いリラクゼーションと自己解放の時間を持ち集中力を高めてから、ハヴァンに臨みます。キールタンとハヴァンのスペシャルプログラムで最大の効果を引き出します。
次 回 開 催  5月28日【10:15 - 13:00】
場   所  さゆらばな ガーデン特設スペース  *敷物をお持ちください
参 加 費  一般(ヨーガ未経験者可)5,000円 / メンバー3,000円

ヨーガと祈り

あなたのために祈ってくれる人たちがいます
私がヨーガを学んだ学校の一つに、『ビハール・スクール・オブ・ヨーガ』があります。インドのカルカッタから電車で10時間くらい行った、ビハールという町にある学校です。1995年の1月に阪神淡路大震災が起こったとき、私はボンベイのお友だちの家で震災のニュースを見て、その週にビハールに行きました。ビハールの学校では、毎週土曜日にチャンティングという祈りの会をしています。その会では、はじめに世界中から送られてきた祈願の手紙を読み上げるのです。

私が参加したその日、「日本の神戸というところで地震が起きました。被害に遭われた方々とそのご家族のために…」という祈りのメッセージが読み上げられました。

その場にいた日本人は私だけだったので、私は、自分の心の中だけで祈るつもりでしたので本当に驚きました。どこかの国の誰かが書いてFAXで送って下さったんですね。遠い国、ビハールまで。

私は、非常に幸運にも、その手紙を読み上げるのを実際に自分の耳で聞いて、読んでいる姿を目の当たりにすることができました。でも、神戸にいる方々は誰1人知りませんよね。インドで100人以上の方々が真剣に真心で遠く離れた日本・神戸の方々のために、心から祈りのマントラを唱えている事実を。

実は、世界には、こういうことはたくさんあります。日本の中でもそうです。今、この瞬間にも、私たちのために祈ってくださる方々がどこかにいるのです。それは、全身全霊を捧げた祈りです。人には、それぞれ悩みがあったり、身体の調子が悪かったり、家庭の中に問題がある方もいるかもしれませんが、その祈りのおかげで、この程度で済んでいるのかもしれないのです。少なくとも、そう信じて毎日を過ごすことが私たちにはできます。

あなたにも、困ったときに偶然助けられる出来事が起きて、「不思議だなぁ、何かに守られているような気がするなぁ」と、思った経験がありませんか? それを誰かがあなたのために祈ってくれたおかげかもしれないなぁと、思えるようになるといいですね。

自分でさえ、このくらい他人のために祈っているのだから、もしかしたら、世の中には、もっとすごいスケールで、命がけで私たちのことを祈ってくれる人がいるに違いないって想像できるとよいのです。それを本当に信じられて、感謝が深まっていくと、あなたの祈りの力は、一段と強くなります。想像力が豊かになって、愛が大きくなって、もっといろいろな人のことを本気で祈れるようになるからです。

このビハールでの体験を通して、祈りの大切さを実感し、帰国後、満月のチャンティングを始めました。


満月のチャンティング
毎月、満月の前後に『満月のチャンティング』を行っています。これは、自分の人生をよりよく生きたい。自分らしく生きたい、最終的には誰かのお役に立てるような自分自身の心と身体を作るために魂を磨いていきたいというメンバーの集まりであり、特別な祈りの日です。

“マハムリトゥジャヤ・マントラ”を唱えることで、祈りを確実に届けることができます。インドで6千年ぐらい前から毎日欠かさずいろいろなところで唱えられている短いマントラです。そのマントラの持つパワー、つまり言霊によって降りてくる宇宙のプラーナが、祈っている人自身にも降り注がれます。

私は、「自分のことは祈らないでください」とお伝えしています。理由は、インドのビハールでの経験からです。自分のことは、知らないところで、誰かが祈っていてくれているからです。こう信じることで、「愛されている自分」と、祈りの大切さを感じる瞬間が増えていきます。

唱え終えた部屋の中には、たくさんの光のエネルギーが満ちていて、素直な明るい優しい心になれているあなた自身を発見するでしょう。
満月のチャンティングではチャンティング募金箱を設置しています。参加された方は、お気持ちをお願いします。


新月のキールタン
満月のチャンティングと同様に毎月、新月の前後には『新月のキールタン』を行っています。サンスクリット語の神様のお名前をメロディーに合わせて歌い上げ、讃えるインド版の讃美歌です。
キルタン(キルタンの言葉のパワー・キルタンの目的と恩恵...etc)に関しては、こちらの頁をご覧下さい。
kirtan.jpg


満月のチャンティングと新月のキルタンに参加されたい方
満月のチャンティングと新月のキールタンは、どちらも“生きとし生けるものすべて”に愛と感謝の意を表す祈りの会です。祈りのエネルギーがどれほど強いものかということを、祈りの歌を唄っているだけで自分がどんどん元気になっていくことで実感するでしょう。メンバーだけでなく、広く一般の方々にも呼び掛けていますので、ご興味のある方は、メールでお問い合わせください。毎月の開催日程は、What's Newにてお知らせしています。

新月のキルタンでは、インドのシバナンダマットへの募金箱を設置しています。参加された方は、紗侑良花ドリーム・チャージ1,000円とシヴァナンダマットへのお気持ちをお願いします。


posted by Shanti Path at 00:00 | ヨーガと祈り
fotter1.jpg