真鶴半島を望む湯河原と東京・代々木を拠点に活動する紙やまさみのヨーガ教室です。指導実績は30年以上。アシュタンガやハタヨーガ、シヴァナンダ、プラーナヤーマ(呼吸法)、瞑想法のほか、クンダリーニなどの奥義を組み合わせて効果を最大限に引き出します。湯河原スタジオ(ヒーリングセンター:さゆらばな)は相模湾を望む自然豊かな高台にあり、東京都内や横浜、鎌倉などから通われている人も多くいらっしゃいます。アットホームな雰囲気の中、心と体の状態に合わせてマンツーマンで指導しますので、初心者の方からプロフェッショナルを目指す方まで、気軽にいらしてください。キッズヨーガやワンデイワークショップ、1泊2日のリトリートコースもあります。

アグニ(炎)の力が心を解き放つ「火の儀式ハヴァン(Havan)」

心身のくぐもりをスッキリさせたい・更なる人生の進展、活躍を望む方へ

私達が生まれた瞬間に持っていた、何ものにもとらわれない純粋で美しいエネルギーに満ちた命の輝きを、炎の力がもう一度呼び覚ましてくれます。
インドでは古代より、より良き人生を切り開くために行われてきた、数千年の歴史を持つヴェーダの火の儀式です。
薪にギーをかけ、香草をくべながら特別のマントラを唱えるもので、心身の浄化、環境の浄化、発展・好転の大きな力となってきました。
シャンティパットでは、BSY(ビハールスクールオブヨーガ)直伝の伝統的な方法で、定期的に行います。
心の中に溜まった迷いや悩み、不満や怒りなど、あらゆる不純物を聖なる火で焼きつくします。あなたの中のブロックが取り除かれることで、ポジティブなエネルギーがどんどん流れ込み、晴れやかで疲れ知らずのあなたへと生まれ変わります。
アグニとマントラの波動が生み出す浄化と癒しのエネルギーを一人でも多くの方に体験して頂き、幸せな人生のための一助になればと願っております。
シャンティパットでは、キールタン(インド式讃美歌)を歌いリラクゼーションと自己解放の時間を持ち集中力を高めてから、ハヴァンに臨みます。キールタンとハヴァンのスペシャルプログラムで最大の効果を引き出します。
次 回 開 催  5月28日【10:15 - 13:00】
場   所  さゆらばな ガーデン特設スペース  *敷物をお持ちください
参 加 費  一般(ヨーガ未経験者可)5,000円 / メンバー3,000円

MASAMI YOGA 公認インストラクタープロフィール

シャンティパットでは、紙やまさみの「ヨーガ指導者養成コース」の修了者によるレッスンも行っています。

sumi.JPGスミヨ(Sumiyo Nakagone)
1985年よりシャンティパットにてヨーガを学び始め、体質を改善する。ヨーガを通じて、愛されている自分に目覚め、人生がポジティブに変化していくのを実感する。
1990年よりリフレッシングヨーガクラブ(RYC)を銀座に開講、現在も指導中。
1994年よりシャンティパット火曜日ゆっくりヨーガクラスを担当。
1995年、紙やまさみの「ヨーガ指導者養成コース」を修了。(1999年、2006年にも「ヨーガ指導者養成コース」を受講し、ヨーガへの理解を深める。
1997年、ニューヨークにてYoga Asana Centar ダーマ・ミトラ師のレッスンを受講。
1996年〜2000年、京都ヴィパッサナ瞑想センターにて、毎年10日間の瞑想コースに参加。

指導暦23年、ビギナー、シニア、マタニティなど幅広い層への豊富な指導経験を活かして、わかりやすく、丁寧で、「ゆっくりでも確実に良くなる」レッスンを心掛けている。ヨーガによって超安産で出産。現在11歳になる娘、夫と共にキールタンをはじめ、Yoga Lifeを楽しみながら実践中。


hira.jpgひらた 雄士(Yuji Hirata)
1992年、慶應大学在学中にシャンティパットに入会。
1999年、紙やまさみの「ヨーガ指導者養成コース」修了。
丁寧に分かりやすく、リラックスできるレッスンを心掛けている。

シャンティパットの重要な活動であるキルタンの、Satyanam Kirtan Bandのギターを担当し、サルサ同好会のメンバーとしても活躍中。
紗侑良花のアドベンチャー農園で自然農法を実践し、体に良い野菜作りにも取り組んでいる。学生時代に化学物質過敏症を発症したが、シャンティパットのヨーガに出会い体質が改善され、克服しつつある。
ヨーガをベースに、音楽・ダンス・野菜作りを通じての健康とヒーリング効果の提供を目指している。


uta.jpg平 詩子(Utako Taira)
奄美出身A型で、天然のんびり屋ながら細かい事が気になり、ストレスなどから心身共にバランスを崩していた頃に、アメイジング・ヨーガに出会い、積年の便秘やギックリ腰も克服し、元気を取り戻しました!!
今ではシャンティパットでの様々なワークショップ、イベント参加等を通して日々の充実度が確実に高まっているのを感じています。 
長年の憧れだったダンス(サルサボディーワーク)も習う事ができて、すっかりはまっています。
2004年、シャンティパット入会
2006年、紙やまさみの「ヨーガ指導者養成コース」修了。


megumi.JPG遠藤 恵(Megumi Endo)

2002年シャンティパット入会
2006年、2014年紙やまさみの「ヨーガ指導者養成コース」修了

大学在学中にストレスからうつ病になり、母親に連れてこられて入会。入会後半年間はほぼ全レッスンに通いました。体がどんどん変わり、そうすると気持ちまで明るくなってきて、体を鍛えることで心のバランスも整っていくということを体感し、とても感動しました。そして、周りが原因でストレスを受けていると思っていたことも、自分の心が原因だったのだと思えるようになり、周りに感謝の気持ちが生まれました。
2007年、2009年には出産しましたが、ヨーガのお陰で、びっくりするくらい安産でしたし生まれてきた2人の子も今でもとても丈夫です!小学生3年生と1年生の娘と息子もキッズヨガに通い、キルタンも始めました。2人とも、ものすごく楽しそうですし、心も体もどんどん成長していて、そのスピードの速さにとても驚いています。私も2人に負けないようにヨーガを通してどんどん前進していきたいです!!」


sayoko.jpg永留 佐代子(Sayoko Nagatome)
体調や体形の変化に気づいた30才の頃、知人の紹介でまさみヨーガに出会う。体形維持や生理痛が和らげばと軽い気持ちで始めてみると、ずっと抱えていた親との葛藤という苦しみと向き合って、乗り越える力やエネルギーを、まさみヨーガがもたらしてくれた。
予想だにしていない奇跡だった。
まさみヨーガとの出会いがなければ、今もすべてを誰かや何かのせいにして、不幸な自分にしがみついて生きていただろう。まさみヨーガを続けることで、自分と向き合い闘い続けていられる。
15年前に屋久島に移り住み、平成28年より屋久島にてまさみヨーガを伝えるヨガスタジオを運営中。

posted by Shanti Path at 22:03 | インストラクター
fotter1.jpg