Point 5 心身のバランスを整えてストレスに強くなる!

現代はストレス社会です。
アメイジングヨーガで、心身ともにストレスに強くなりましょう!

心身のバランスって何?

「ヨーガで体だけを健康にしたいんです! でも、心の中には立ち入らないでください!」

シャンティパットの体験レッスンに来られる方の中には、このように言われる方がいらっしゃいます。
しかし、それは無理なのです。

体は心の言うことをいつも聞いています。
心は体のメッセージをキャッチしています。

心と体は、1枚の紙の表と裏のように、切り離すことはできません。
表裏一体、片方だけを鍛えても効果がほとんど出ません。

確かにアーサナのレッスンをすれば血行が良くなり、しなやかな筋肉がつき、体の調子が良くなったと感じるでしょう。
でも心の中が、相変わらずストレスでいっぱいだったとしたらどうでしょうか?
とても「元気になった」とは言えませんよね。

「体にいいことをたくさんやっているのに、ちっとも体が改善されない」という人は、心の中を点検してみましょう。
心が変われば、みるみる体もきれいに、どんどん元気になります。

アメイジングヨーガは、心と体の両方がみるみる、どんどん元気になる最短距離のメソッドでお手伝いします。

どうしてストレスが溜まるの?

たとえば、ハエが顔に止まったら、普通は手でハエを追い払いますが、中には全く気にせず、追い払わない人もいます。
こういう人はストレスが溜まりにくいのです。
このタイプは、ハエも自己の範疇なのだそうです。

自分は自分だけ、という自己と他人の線引きの強い人はストレスを溜めやすいと言えるでしょう。
私の箸、私の机、私のベッド、私の仕事・・・etc.
「私の」という思いの中には、「こうでなければならない」という、自分で決めた、自分を縛っているものが強いからです。
それに当てはまらないと不満に感じ、我慢が膨らみ、自分を抑えつける力が働いてしまうのです。
不必要に自分を責めてばかりの人もストレスが溜まりますね。

自分は間違っていないと思っている人も案外、自分勝手さゆえにストレスを溜めています。
相手が悪いと思う心も、実はストレスの元凶です。

また、自分にエネルギーがない時は小さな出来事にもストレスを感じます。
エネルギーがいっぱいある時は、「まあ、いいか」と思える余裕と包容力があり、ストレスが溜まらないのです。

放っておくとどうなるの?

ガンやうつ病、肥満、腰痛、不眠症、心臓疾患など、ありとあらゆる病気の引き金となる危険性をはらんでいます。
まさに「肉体破壊」ですね。

ストレスに強くなるには?

では、ストレスを溜めない、ストレスに強い心身を作るには、どうしたらいいのでしょうか?

自己の範疇を広げる

あなたは愛犬に顔をなめられても、「やっぱりうちのワンちゃんは宇宙一かわいい~!」って思っていますよね?
それは愛犬が「自己」の範疇に入っているからです。

「愛せる」と思えるところから少しずつ、「自己」の範疇を大きくする練習をしましょう。
「自己」が広がれば広がるほど、キリキリしていたことがだんだん気にならなくなります。

ストレスで追い詰められている時に即効性があるのは、とりあえずその現場を離れることです。
会社だったらトイレに行く、家だったら外に出てみる。
ちょっと現場を離れてゆっくり深呼吸をします。頭、心、体に風を通すのです。

もう少し長いスパンで考えるなら、週末に自然がいっぱいの場所に出かけたり、いつもと違う、何か夢中になれることに集中
します。頭を切り替えて、違う角度からストレスの原因を見つけられれば、解決策がわかってきます。

事実と感情を切り離して見る

事実は事実、感情は感情 ── こんな考え方はほとんど無理~!と思うかもしれません。
でも、事実と感情がごちゃごちゃになって整理がつかないと、いつまでたってもストレスに晒され続けます。

今起きている「事実」よりも、その時の自分の「感情」に意識が行ってしまうと、事実は感情のベールで歪曲されてしまいます。
客観性に欠けて、思い込みに囚われ、出口のない袋小路に自分を追い込んでいきます。
事実を事実のままに見られる練習が大切です。

「事実と感情を切り離す」。
それによって、感情に振り回されることなく、常に冷静に事実をありのままの事実として見ることができるようになります。

事実を純粋に事実だけで見るという、客観性を養うことが一番大事です。
そのための心の練習をします。

エネルギーチャージをする

エネルギー不足になるとストレスが溜まりやすいとお話しましたね。
エネルギーがいっぱいだと、無条件に「まあ、いいか」という余裕が生まれます。
自分のことよりも相手の気持ちを察する包容力さえ出てきます。
その時は自分のことはなくなり、ストレスも知らない間に消えています。
そのためにも、「Point 4 エネルギーの通りを良くしてハッピーに!」にある、エネルギーの通りを良くする努力を、日常的に積み重ねて、ストレス知らずの毎日を過ごしましょう。

プラーナヤーマでエネルギーの質的向上と増幅を図る

エネルギーは同質のものを呼び合います。
自分のエネルギーのレベルを上げれば、出会う人のレベルも上がります。

エネルギーの質的向上を目指してトレーニングを積むと、人間的にもエネルギー的にもレベルの高い人達と自然に出会うようになります。
そうなれば、人間関係から生じる無駄なストレスは減っていきます。

さらに、エネルギーを増幅させると、些細なことでイライラ・カリカリ・クヨクヨするということすらいつの間にかなくなります。
幸せホルモンと言われている「セロトニン」がバンバン出るので、いつでもワクワク・キラキラした気持ちで、何を見ても聞いても楽しい気分が持続するのです。

一番の近道は、プラーナヤーマの実践です。

関連記事

  1. Point 4 エネルギーの通りを良くしてハッピーに!

  2. アメイジングヨーガ・メソッド

  3. Point 1-1 スピードアップのための3つのテクニック

  4. Point 3 深い呼吸で心を平和に!

  5. Point 2 血流を良くして冷え知らず!

  6. シャンティパットについて

  7. Point 1 正しい骨格と筋肉で体を立てなおす!

  8. アメイジングを実現する5つの秘訣